教科書でおなじみの名詩・一覧

教科書で誰もが読んだことがあるような、親しみのある詩。それらの詩に鑑賞・解説文をつけた記事のリストです。各記事は各タイトルをクリック(タップ)してご覧くださいね。

近代詩

萩原朔太郎「月光と海月」「およぐひと」
東京には空が無い…高村光太郎『智恵子抄』より「あどけない話」
宮沢賢治の五行詩「高原」
立原道造「はじめてのものに」が謎めいて魅力的な理由
三好達治「乳母車」
宮沢賢治「雨ニモマケズ」
三好達治「大阿蘇」…もしも百年がこの一瞬の間にたったとしても
中原中也「月夜の浜辺」
中原中也「頑是ない歌」…思えば遠く来たもんだ
立原道造「夢見たものは‥‥」
山村暮鳥「雲」
萩原朔太郎「こころ」

翻訳詩

秋の日のヴィオロンの…ヴェルレーヌ作・上田敏訳「落葉」(秋の歌)
「シャボン玉」…ジャン・コクトーの詩を、堀口大学の名訳で。
私の耳は貝の殻…ジャン・コクトーの詩を、堀口大学の名訳で。
山のあなたの空遠く…カール・ブッセの詩を、上田敏の名訳で。

現代詩

石垣りん「くらし」の感想…生命にまっすぐに刺さる詩
吉野弘「夕焼け」
茨木のり子「六月」

「教科書でおなじみの名詩・一覧」について

この一覧は、以下の3冊の資料を基に作成いたしました。

参考資料
  • 新潮ことばの扉 教科書で出会った名詩一〇〇 (新潮文庫)
  • 教科書でおぼえた名詩 (文春文庫PLUS)
  • 教科書で読む名作 一つのメルヘンほか 詩 (ちくま文庫)

当ブログでは、この一覧以外にも、教科書で掲載されたことがある詩を紹介しています。

もしよかったら、サイトマップもご活用くださいね。→サイトマップ

タイトルとURLをコピーしました