kotoba

立原道造

立原道造のソネット「のちのおもひに」

立原道造は、詩人としても建築家としても将来を嘱望されていましたが、24歳で夭折してしまいました。 道造の遺した美し...
室生犀星

ふるさとは遠きにありて思ふもの…室生犀星「小景異情」

室生犀星の詩「小景異情」をご存知の方は多いと思います。 たとえその題に覚えがなくても、詩をご覧になったら、ハッと思...
茨木のり子

茨木のり子・詩集『歳月』のまとめ

詩集『歳月』について書いた記事をまとめました。 この詩集は茨木のり子さんが夫の安信さんへの想いを綴った恋愛詩集です...
寺山修司

寺山修司・少女詩集より「ヒスイ」…合唱曲もおすすめ

寺山修司の少女詩集(角川文庫)から、「ヒスイ」という詩を紹介します。 この詩は合唱曲にもなっています(作曲:信長貴...
まとめ

雪に関する詩のまとめ

雪に関する詩を紹介している記事をまとめました。 まっ白な雪は、詩情をもたらします。降る雪、積もる雪、融ける雪、等々...
まとめ

朝に関する詩のまとめ

朝に関する詩を紹介している記事をまとめました。 朝は一日のはじまり。爽やかな朝、気怠い朝…さまざまな詩を揃えました...
室生犀星

室生犀星の雪の詩・4選…『抒情小曲集』より

室生犀星は、雪深い北国の金沢で育ちました。 十一月初旬のしぐれは日を追うごとに霙となり、野山や街や家々を包む雪とな...
谷川俊太郎

谷川俊太郎「朝の光」…繰り返すものはどうしていつまでも新しい

谷川俊太郎さんの「朝の光」という詩を紹介いたします。 谷川さんの朝をテーマにした写真詩集「朝」(2004年)からの...
高村光太郎

高村光太郎「裸形」…詩集『智恵子抄』より

高村光太郎と智恵子は、愛と信頼にもとづいた夫婦関係を続けてきました。 ところが智恵子が精神を病み、肺結核で亡くなる...
高田敏子

高田敏子の詩「紅の色」

あなたは詩に一目惚れしたことはありますか。 これから紹介する高田敏子さんの詩「紅の色」は、私にとってまさに一目惚れ...
タイトルとURLをコピーしました