月の詩

立原道造

立原道造「はじめてのものに」が謎めいて魅力的な理由

立原道造の詩「はじめてのものに」は、どこか謎めいていて、人を惹きつける魅力があります。 さっそく以下で全文を引用し...
北原白秋

北原白秋「月光微韻」を全文紹介します。

北原白秋の詩「月光微韻げっこうびいん」を紹介します。 月が描かれた短詩の連なりで、見ているだけで不思議と癒されます...
北原白秋

北原白秋「水ヒアシンス」

北原白秋は詩に限らず、童謡を数多く残しています。 瑞々しい子ども心を、いつまでも残していたのですね。白秋の詩にも、...
北原白秋

北原白秋「ほのかにひとつ」

北原白秋の詩は、古風な言葉のように見えて、未だに新鮮な血が通っています。思わず口ずさみたくなるような、親しみやすさがあり...
中原中也

中原中也「月夜の浜辺」

ささやかであっても、どうしても捨てられない物に、出合ったことはありますか? なぜ、どのようにそれが宝物なのか、上手...
草野心平

草野心平「月夜」は生の謳歌。命の美しさを愛おしむ詩。

草野心平さんの蛙の詩を目にすると、かなしさが胸にこみ上げることがあります。 悲しさでも哀しさでもなく、むしろ愛しさ...
萩原朔太郎

萩原朔太郎「悲しい月夜」…五感を刺激する詩

萩原朔太郎の第一詩集『月に吠える』は、口語自由詩を確立した詩集として知られています。 五七調や七五調のリズムに縛ら...
中原中也

中原中也「頑是ない歌」…思えば遠く来たもんだ

「思えば遠く来たもんだ」という言葉からはじまる、中原中也の詩「頑是ない歌」をこれから紹介します。 中原中也「頑是ない歌...
タイトルとURLをコピーしました