教科書の詩

宮沢賢治

宮沢賢治の詩「告別」

宮沢賢治は故郷・岩手の農業学校で、教師をしていたことがあります。 賢治が教師を辞める際に、生徒に向けて書かれた詩…...
立原道造

立原道造のソネット「のちのおもひに」

立原道造は、詩人としても建築家としても将来を嘱望されていましたが、24歳で夭折してしまいました。 道造の遺した美し...
室生犀星

ふるさとは遠きにありて思ふもの…室生犀星「小景異情」

室生犀星の詩「小景異情」をご存知の方は多いと思います。 たとえその題に覚えがなくても、詩をご覧になったら、ハッと思...
高村光太郎

高村光太郎「レモン哀歌」の背景と解説…詩集『智恵子抄』より

高村光太郎の詩集『智恵子抄』がこの世に誕生していなければ、日本の詩の歴史は今とかなり違う歩みをしていたでしょう。なかでも...
中原中也

中原中也の詩「汚れつちまつた悲しみに」の感想

中原中也の「汚れつちまつた悲しみに」は、有名な詩です。 誰もが口ずさめるような親しみやすさがあり、心のどこかで共感...
八木重吉

太陽をひとつふところへいれていたい…八木重吉の詩「太陽」

八木重吉の「太陽」という詩を紹介いたします。全文引用しますね。 太陽 太陽をひとつふところへいれていたい ての...
谷川俊太郎

谷川俊太郎「朝のリレー」…CM・収録詩集・鑑賞のポイント

谷川俊太郎さんの「朝のリレー」は有名な詩です。 教科書で目にしたことがある人、CMで朗読されているのを耳にしたこと...
三好達治

三好達治「雪」…太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪ふりつむ。

三好達治の「雪」の詩をご存知の方は、多いのではないでしょうか。 教科書にも載せられていますし、どこかで目にしたこと...
八木重吉

八木重吉「素朴な琴」…この明るさのなかへひとつの素朴な琴をおけば

八木重吉は29年の短い生涯のなかで、3000編近い詩を残しました。 どの詩も野原の草花のように美しいですが、たった...
草野心平

草野心平「秋の夜の会話」

秋から冬にかけて、肌寒くなり、土には枯葉が散り、虫の音が薄れていくと、季節は死に向かっていると感じることがあります。 ...
タイトルとURLをコピーしました