教科書の詩

上田敏

秋の日のヴィオロンの…ヴェルレーヌ作・上田敏訳「落葉」(秋の歌)

「秋の歌」( 原題:Chanson d'automne)は、フランスの詩人ポール・ヴェルレーヌ(1844-1896)の詩...
萩原朔太郎

萩原朔太郎「月光と海月」「およぐひと」

萩原朔太郎の「月光と海月」は、とても不思議な詩です。読めば読むほどイメージが広がり、いろいろな解釈をすることができます。...
堀口大学

「シャボン玉」…ジャン・コクトーの詩を、堀口大学の名訳で。

「シャボン玉」(作:ジャン・コクトー、訳:堀口大学)は、わずか3行の短い詩です。 この詩を引用すると共に、その意味...
石垣りん

石垣りん「くらし」の感想…生命にまっすぐに刺さる詩

これから石垣りんさんの「くらし」という詩を紹介します。 短くシンプルで、生命にまっすぐに刺さる詩です。 石垣りん...
高村光太郎

東京には空が無い…高村光太郎『智恵子抄』より「あどけない話」

私は高村光太郎の詩集『智恵子抄』をこよなく愛していますが、もしも「あどけない話」が収められていなかったら、これほど好きに...
宮沢賢治

宮沢賢治の五行詩「高原」

宮沢賢治の「高原」は、わずが五行の短い詩ですが、大自然の風景が生き生きと伝わってきます。 さっそく引用しますね。 ...
立原道造

立原道造「はじめてのものに」が謎めいて魅力的な理由

立原道造の詩「はじめてのものに」は、どこか謎めいていて、人を惹きつける魅力があります。 さっそく以下で全文を引用し...
吉野弘

吉野弘「夕焼け」

吉野弘さんの詩「夕焼け」は、多くの人に愛されている代表作です。 日常の光景をそのまま切り取って、やさしさとは何か問...
茨木のり子

茨木のり子「六月」

茨木のり子さんの「六月」という詩を紹介します。 梅雨の鬱陶しい日はもちろん、晴れない気持ちを抱えているときも、爽や...
三好達治

三好達治「乳母車」

三好達治の詩「乳母車」を初めて目にしたとき、その美しさに息を零しそうになりました。 三好達治の代表作であることはも...
タイトルとURLをコピーしました