雨の詩

金子みすゞ

金子みすゞ「不思議」…多くの人に愛される表現の特徴

金子みすゞさんの詩「不思議」は、大人から子どもまで多くの人に愛されている代表作です。 なぜこの詩がそこまで人を惹き...
金子みすゞ

金子みすゞの雨の詩…「お日さん、雨さん」「雨のあと」「寒のあめ」

金子みすゞさんの作品で、雨が出てくる詩を3編紹介します。 「お日さん、雨さん」「雨のあと」は雨上がりについて、「寒...
宮沢賢治

宮沢賢治「雨ニモマケズ」

宮沢賢治の最も有名な詩は、「雨ニモマケズ」だと誰もが納得するでしょう。 今も多くの人を励まし、勇気づけ、心に寄り添...
中原中也

中原中也「六月の雨」

中原中也の詩で、「六月の雨」が好きだという人は多いのではないでしょうか。私もまさにそうです。 梅雨になると特に、味...
高村光太郎

高村光太郎「人類の泉」…『智恵子抄』より

高村光太郎は、最愛の人である智恵子さんに関する詩を、約40年間にわたって書き続けました。その結晶が詩集『智恵子抄』です。...
三好達治

三好達治「大阿蘇」…もしも百年がこの一瞬の間にたったとしても

あなたは阿蘇というと、どのようなイメージを思い描くでしょうか。 三好達治の詩「大阿蘇」では、阿蘇の大自然が目の前に...
山村暮鳥

山村暮鳥の雨の詩・3選…『風は草木にささやいた』より

山村暮鳥の雨に関する詩を、三作続けて紹介します。 「雨の詩」 「雨は一粒一粒ものがたる」 「驟雨の詩」 ...
谷川俊太郎

谷川俊太郎「生きる」

谷川俊太郎さんの「生きる」という詩を紹介します。 実は同じタイトルの詩が二つ存在していて、詩集『うつむく青年』(1...
タイトルとURLをコピーしました