中原中也「六月の雨」

中原中也の詩で、「六月の雨」が好きだという人は多いのではないでしょうか。私もまさにそうです。

梅雨になると特に、味わいたくなる詩です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中原中也「六月の雨」

六月の雨

またひとしきり 午前の雨が
菖蒲しやうぶのいろの みどりいろ
まなこうるめる 面長きひと
たちあらはれて 消えてゆく

たちあらはれて 消えゆけば
うれひに沈み しとしとと
はたけの上に 落ちてゐる
はてしもしれず 落ちてゐる

        太鼓たいこ叩いて 笛吹いて
        あどけない子が 日曜日
       畳の上で 遊びます

       お太鼓叩いて 笛吹いて
       遊んでゐれば 雨が降る
        櫺子れんじの外に 雨が降る

詩の鑑賞と解説

「六月の雨」は、4・4・3・3の行構成からなるソネット(14行詩)です。

七五調のリズムで歌われています。

前半8行は、憂いに沈む情景が描かれ、幻の女性が現れては消えていきます。

ところが後半6行で転調して、にぎやかな童謡が奏でられて、子どもがあどけなく遊びます。

前半から後半にかけての、幻から現実への急転換が、まるで中也の心の振れ幅の大きさを現わしているかのよう。読むこちらの心まで、ハッと揺さぶられそうです。

恋人・長谷川泰子について

前半に現れる面長き女は、かつての恋人である長谷川泰子のことでしょう。

長谷川泰子は女優で、グレタ・ガルボに似た女性として注目を浴びたこともあります。

1923年、当時16歳だった中也は、3歳年上の泰子に出会い、翌年から同棲を始めます。ところが1925年に、泰子は中也の友人である小林秀雄の元へ去っていきます。

泰子は中也の詩に、深く影響を及ぼすことになります。

長男・文也について

後半で遊ぶ子どもは、長男の文也のことでしょう。

文也は当時1歳半で、可愛い盛りだったに違いありません。

1933年、中也は素直に見合い結婚をして、その後生まれた文也をいとおしく思っていましたが、ふとした隙に恋人との悲しい思い出がよみがえったのでしょうね。

で、恋人の面影を宙に浮かべていたら、足元では子どもが遊んでいた……という風に、幻から現実、過去から現在へと、心が大きく揺さぶられていったのでしょう。

二つの世界を、果てしない雨が繋いでいるかのようです。

なお、この大きな心の揺れは、「頑是ない歌」でも感じることができます。

中原中也「頑是ない歌」…思えば遠く来たもんだ
「思えば遠く来たもんだ」という言葉からはじまる、中原中也の詩「頑是ない歌」をこれから紹介します。 中原中也「頑是ない歌...

選外でも佳作

「六月の雨」の初出は、1936年『文学界』6月号です。

第6回文学界賞の候補作品となりましたが、惜しくも選外次席となりました。

(ちなみにその時に受賞したのは、岡本かの子が晩年の芥川龍之介をモデルに書いた小説、『鶴は病みき』です)

選外であっても、素晴らしい詩であることには違いありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました