有名な詩・おすすめの詩一覧…心に響く。感動することば。

有名な詩のなかでも、親しみやすく、心からおすすめしたい詩を選んでまとめました。

あなたにとってお気に入りの詩が見つかれば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

有名な詩・おすすめの詩10選

高村光太郎「あどけない話」

智恵子は東京に空が無いといふ、ほんとの空が見たいといふ…

詩集『智恵子抄』は、最愛の人について半生かけて書かれたものです。この詩集がなかったら、日本の恋愛詩集はおろか、詩集そのものの歴史も変わっていたかもしれません。
「あどけない話」は特に親しみやすくておすすめです。

東京には空が無い…高村光太郎『智恵子抄』より「あどけない話」
私は高村光太郎の詩集『智恵子抄』をこよなく愛していますが、もしも「あどけない話」が収められていなかったら、これほど好きに...

山村暮鳥「雲」

おうい雲よ ゆうゆうと…

山村暮鳥は晩年になると、子どものように純粋無垢な詩を書くようになりました。最後の詩集『雲』より、表題詩の「雲」を紹介します。

山村暮鳥の詩「雲」が多くの人に愛されている理由
山村暮鳥の「雲」という詩を紹介します。 同じ題の詩集『雲』に、二つ並んで掲載されていて、二番目の詩には「おなじく」...

宮沢賢治「雨ニモマケズ」

雨ニモマケズ 風ニモマケズ…

「雨ニモマケズ」は東日本大震災発生後に、東北をはじめとした多くの人に読まれ、朗読されました。コロナ禍で大変な時代においても、人の心を励ます力があるのではないでしょうか。

宮沢賢治「雨ニモマケズ」の解説…カタカナ・ひらがな全文比較付き
宮沢賢治の最も有名な詩は、「雨ニモマケズ」だと誰もが納得するでしょう。 今も多くの人を励まし、勇気づけ、心に寄り添...

三好達治「乳母車」

母よ――淡くかなしきもののふるなり 紫陽花いろのもののふるなり…

三好達治は日本の伝統詩の精神と、フランスの近代詩のエスプリを、みごとに融合させた詩人です。さまざまな詩風に挑戦しながら、すぐれた抒情詩を数多く残しました。

三好達治の美しい叙情詩「乳母車」…淡くかなしきもののふるなり
三好達治の詩「乳母車」を初めて目にしたとき、その美しさに息を零しそうになりました。 三好達治の代表作であることはも...

金子みすゞ「星とたんぽぽ」

青いお空のそこふかく、海の小石のそのように…

金子みすゞは大正から昭和にかけて活躍した童謡詩人です。その詩は小さいものや目立たないものに対する慈しみにあふれ、読み人をハッとさせます。

金子みすずの詩「星とたんぽぽ」…見えぬものでもあるんだよ
金子みすゞさんの「星とたんぽぽ」という詩を紹介します。 金子みすゞさんは、大正末期から昭和初期にかけて活躍した童謡...

草野心平「青イ花」

トテモキレイナ花。イッパイデス…

草野心平は生きとし生けるものの哀しみと歓びを、蛙の目線を通して多くの詩に表現しました。「青イ花」は少年蛙の小さくも胸打つ物語です。

オ母サン。…草野心平のカタカナの詩「青イ花」
草野心平さんは、「蛙の詩人」として知られています。 富士山や海や天体、人間や植物など、ありとあらゆるテーマで詩を書...

中原中也「月夜の浜辺」

月夜の晩に、ボタンが一つ 波打際に、落ちていた…

中原中也は、言葉にならないような思いさえも、生のままさらけ出そうとした詩人でした。「月夜の浜辺」からも、何とも言えない奥深い心情が伝わってくるようです。

中原中也の詩「月夜の浜辺」の心情は?~鑑賞と解説~
ささやかであっても、どうしても捨てられない物に、出合ったことはありますか? なぜ、どのようにそれが宝物なのか、上手...

立原道造「夢みたものは・・・」

夢見たものは ひとつの幸福 ねがったものは ひとつの愛…

立原道造はソネットの名手。青春をみずみずしい情感で歌いあげました。「夢みたものは・・・」は、青空のような歓びに満ちあふれています。

立原道造「夢みたものは‥‥」詩の鑑賞と解釈
立原道造は、ソネット(14行詩)の名手です。 青春の憧れと哀しみを、みずみずしい情感で歌ったソネットは、今も多く人...

新川和江「わたしを束ねないで」

わたしを束ねないで あらせいとうの花のように…

「娘、母、妻」…そのようなカテゴリから自由に解き放たれたい。女性に限らず、自分らしく生きたい人の思いを、新川和江が言葉にあらわしています。

新川和江の詩「わたしを束ねないで」
新川和江さんの代表作「わたしを束ねないで」を紹介します。 詩というものは不思議なもので、一読しただけで心が解放され...

谷川俊太郎「かなしみ」

あの青い空の波の音が聞えるあたりに 何かとんでもないおとし物を…

谷川俊太郎は十代でデビューしてから、八十歳を超えた今も活躍している詩人です。その活躍は一言でくくれないほど、幅広く奥深いです。初期の代表作「かなしみ」を紹介します。

谷川俊太郎の詩「かなしみ」…あの青い空の波の音が聞えるあたりに
谷川俊太郎さんの詩を目にしたことがある方は多いと思いますが、初期の作品をご覧になったことはありますでしょうか。 谷...

もっと詩を読みたいあなたに⇒教科書で人気の詩・一覧

「まとめ」について
  • 詩の出だしと、どのような内容が書かれているのか、簡単な説明文を加えました。詩を探すときの参考にしてください。
  • それぞれの記事は、ブログカード(画像入りのボタン)をクリックまたはタップすれば、ご覧いただくことができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました