夕日・夕焼け・夕暮れに関する詩のまとめ

夕陽、夕焼け、夕暮れ、たそがれ時の詩を紹介している記事をまとめました。

夕方の空は、ピンク、オレンジ、赤、紫……と、時が移ろうにつれて美しく変化していきますね。ここで取り上げている詩も、それぞれ色合いがあります。

有名な詩を中心にそろえていますので、あなたのお気に入りの詩が見つかると幸いです。

夕陽・夕焼け・夕暮れについての詩~7記事~

三好達治「乳母車」

母よ――淡くかなしきもののふるなり 紫陽花いろのもののふるなり…
泣きぬれる夕陽が、郷愁を誘います。

三好達治「乳母車」
三好達治の詩「乳母車」を初めて目にしたとき、その美しさに息を零しそうになりました。 三好達治の代表作であることはも...

茨木のり子「六月」

どこかに美しい村はないか 一日の仕事の終りには一杯の黒麦酒…
一日の終わりの心地良い一時。やさしいさざめきで満ちる夕暮。

茨木のり子「六月」
茨木のり子さんの「六月」という詩を紹介します。 梅雨の鬱陶しい日はもちろん、晴れない気持ちを抱えているときも、爽や...

堀口大学「夕ぐれの時はよい時」

夕ぐれの時はよい時、かぎりなくやさしいひと時。…
冬も夏も、あらゆる年ごろの人に、夕ぐれは静かな安らぎに満ちています。

堀口大学「夕ぐれの時はよい時」
堀口大学の作品のなかに、「夕ぐれの時はよい時」という詩があります。 「よい」という言葉は、一見ありふれた言葉ですよ...

吉野弘「夕焼け」

いつものことだが 電車は満員だった。…
日常風景から切り取られた、やさしさについて問いかける詩。

吉野弘「夕焼け」
吉野弘さんの詩「夕焼け」は、多くの人に愛されている代表作です。 日常の光景をそのまま切り取って、やさしさとは何か問...

高田敏子「夕焼け」

夕焼けは ばら色 世界が平和なら…
短い詩ですが、平和への深い祈りがここにあります。

高田敏子「夕焼け」
高田敏子さんの「夕焼け」という詩を紹介します。 短い詩ですが、そこには平和への深い祈りがこめられています。 夕焼...

石垣りん「くらし」

食わずには生きてゆけない。メシを 野菜を 肉を 空気を…
生きてこれたのは、生かされてきたから。正直に潔く、いのちの本質に向かい合っている詩です。

石垣りん「くらし」の感想…生命にまっすぐに刺さる詩
これから石垣りんさんの「くらし」という詩を紹介します。 短くシンプルで、生命にまっすぐに刺さる詩です。 石垣りん...

金子みすゞ「風」「つばな」「夕ぐれ」「石ころ」

空の山羊追い 眼にみえぬ 山羊は追われて ゆうぐれの…
優しさと懐かしさと、ほんの少しの寂しさが滲み出ている夕方の詩。

金子みすゞの夕日・夕焼けの詩…「風」「つばな」「夕ぐれ」「石ころ」
金子みすゞさんの詩で、夕日・夕焼け・夕暮れが描かれている詩を4編紹介します。 夕方は優しさや寂しさ、懐かしさなどを...
「まとめ」について
  • 詩の出だしと、どのような夕方が描かれているのか、簡単な説明文を加えました。詩を探すときの参考にしてください。
  • それぞれの記事は、ブログカード(画像入りのボタン)をクリックまたはタップすれば、ご覧いただくことができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました