夏の詩

寺山修司

寺山修司・少女詩集より「ヒスイ」…合唱曲もおすすめ

寺山修司の少女詩集(角川文庫)から、「ヒスイ」という詩を紹介します。 この詩は合唱曲にもなっています(作曲:信長貴...
北原白秋

北原白秋は猫好き?…詩集『思ひ出』より「猫」

北原白秋は猫に特別な思い入れがあったのでしょうか。 幼少年時代の記憶をもとにつづった第二詩集「思ひ出」には、猫が出...
中原中也

中原中也の詩「少年時」…夏の日の原体験

中原中也の原体験の現れと言えそうな詩「少年時」。 詩人としても、ここから走り出そうとしている自負心が感じられます。...
金子みすゞ

金子みすゞの七夕の詩

金子みすゞさんの、七夕にまつわる詩を2篇紹介します。 七夕というと、7月7日の夜に行う星祭。端午(5月5日)や重陽...
高田敏子

高田敏子「忘れもの」…夏休みよ、もう一度。

子どものころは、夏休みが終わるのが寂しくて、あの自由気ままな日々が戻ってきてほしいと感じた人は多いのではないでしょうか。...
寺山修司

寺山修司「かずこについて」…全文を解説付きで紹介します。

寺山修司の第一作品集『われに五月を』より、「かずこについて」という連作詩を紹介します。 この詩は7篇の短い詩で構成...
新川和江

新川和江の詩「比喩でなく」…愛そのものを探して

たとえば、とても好きな小説や漫画があって、それを親しい人にお勧めしようとしたとき、言葉に迷ったことはないでしょうか。 ...
高田敏子

高田敏子の詩「布良海岸」

高田敏子さんは海にまつわる詩を、いくつも書かれています。今回はそのうちのひとつ、「布良めら海岸」を紹介いたします。 ...
北原白秋

北原白秋の思い出の詩「水ヒアシンス」

北原白秋は詩に限らず、童謡を数多く残しています。 瑞々しい子ども心を、いつまでも残していたのですね。白秋の詩にも、...
タイトルとURLをコピーしました