おすすめの現代詩

吉野弘

吉野弘の詩「祝婚歌」…二人が睦まじくいるためには

吉野弘さんの「祝婚歌」は、作者名や題名が分からなくても、内容に覚えがある方が多いのではないでしょうか。 もし初めて...
茨木のり子

茨木のり子の詩「わたしが一番きれいだったとき」

茨木のり子さんの代表作「わたしが一番きれいだったとき」を紹介します。 多くの人が教科書などでこの詩と出会い、励まさ...
新川和江

【1月の詩】新川和江「元旦」

当ブログでは毎月1編ずつ、その月にちなんだ詩を紹介する予定です。 1月の今回は、新川和江さんの「元旦」です。 元...
茨木のり子

【12月の詩】茨木のり子「十二月のうた」

当ブログでは毎月1編ずつ、その月にちなんだ詩を紹介する予定です。 12月の今回は、茨木のり子さんの「十二月のうた」...
現代詩選

【6月の詩】北園克衛「六月の蜜柑水」

当ブログでは毎月1編ずつ、その月にちなんだ詩を紹介する予定です。 6月の今回は、北園克衛きたぞのかつえの「六月の蜜...
茨木のり子

茨木のり子・詩集『歳月』のまとめ

詩集『歳月』について書いた記事をまとめました。 この詩集は茨木のり子さんが夫の安信さんへの想いを綴った恋愛詩集です...
寺山修司

寺山修司・少女詩集より「ヒスイ」…合唱曲もおすすめ

寺山修司の少女詩集(角川文庫)から、「ヒスイ」という詩を紹介します。 この詩は合唱曲にもなっています(作曲:信長貴...
谷川俊太郎

谷川俊太郎「朝の光」…繰り返すものはどうしていつまでも新しい

谷川俊太郎さんの「朝の光」という詩を紹介いたします。 谷川さんの朝をテーマにした写真詩集「朝」(2004年)からの...
高田敏子

高田敏子の詩「紅の色」

あなたは詩に一目惚れしたことはありますか。 これから紹介する高田敏子さんの詩「紅の色」は、私にとってまさに一目惚れ...
寺山修司

寺山修司の宝石の詩「ダイヤモンド」…淋の字から見えるのは?

寺山修司の少女詩集(角川文庫)には、宝石の名を冠した詩や、宝石が出てくる詩が、数多く載せられています。 今回はその...
タイトルとURLをコピーしました