おすすめの近代詩

立原道造

立原道造のソネット「のちのおもひに」

立原道造は、詩人としても建築家としても将来を嘱望されていましたが、24歳で夭折してしまいました。 道造の遺した美し...
室生犀星

ふるさとは遠きにありて思ふもの…室生犀星「小景異情」

室生犀星の詩「小景異情」をご存知の方は多いと思います。 たとえその題に覚えがなくても、詩をご覧になったら、ハッと思...
室生犀星

室生犀星の雪の詩・4選…『抒情小曲集』より

室生犀星は、雪深い北国の金沢で育ちました。 十一月初旬のしぐれは日を追うごとに霙となり、野山や街や家々を包む雪とな...
高村光太郎

高村光太郎「裸形」…詩集『智恵子抄』より

高村光太郎と智恵子は、愛と信頼にもとづいた夫婦関係を続けてきました。 ところが智恵子が精神を病み、肺結核で亡くなる...
金子みすゞ

金子みすゞの雪の詩…「積もった雪」「淡雪」「雪に」

金子みすゞさんの、雪にまつわる詩を三編紹介します。 みすゞさんが生まれ育った山口県の仙崎は、冬は比較的暖かく、あま...
中原中也

中原中也「朝の歌」…中也の詩の方針は?

中原中也の第一詩集『山羊の歌』より、「朝の歌」という詩を紹介いたします。 中也はこの詩によって「方針を立てた」と言...
萩原朔太郎

萩原朔太郎「黒い風琴」…おるがんをお弾きなさい女のひとよ

萩原朔太郎の「黒い風琴」という詩を紹介いたします。風琴とはオルガンのことです。 黒い風琴 おるがんをお弾きなさい...
高村光太郎

高村光太郎「レモン哀歌」の背景と解説…詩集『智恵子抄』より

高村光太郎の詩集『智恵子抄』がこの世に誕生していなければ、日本の詩の歴史は今とかなり違う歩みをしていたでしょう。なかでも...
中原中也

中原中也の詩「汚れつちまつた悲しみに」の感想

中原中也の「汚れつちまつた悲しみに」は、有名な詩です。 誰もが口ずさめるような親しみやすさがあり、心のどこかで共感...
八木重吉

太陽をひとつふところへいれていたい…八木重吉の詩「太陽」

八木重吉の「太陽」という詩を紹介いたします。全文引用しますね。 太陽 太陽をひとつふところへいれていたい ての...
タイトルとURLをコピーしました