冬の詩

立原道造

立原道造のソネット「のちのおもひに」

立原道造は、詩人としても建築家としても将来を嘱望されていましたが、24歳で夭折してしまいました。 道造の遺した美し...
室生犀星

室生犀星の雪の詩・4選…『抒情小曲集』より

室生犀星は、雪深い北国の金沢で育ちました。 十一月初旬のしぐれは日を追うごとに霙となり、野山や街や家々を包む雪とな...
高田敏子

高田敏子の詩「紅の色」

あなたは詩に一目惚れしたことはありますか。 これから紹介する高田敏子さんの詩「紅の色」は、私にとってまさに一目惚れ...
金子みすゞ

金子みすゞの雪の詩…「積もった雪」「淡雪」「雪に」

金子みすゞさんの、雪にまつわる詩を三編紹介します。 みすゞさんが生まれ育った山口県の仙崎は、冬は比較的暖かく、あま...
萩原朔太郎

萩原朔太郎「黒い風琴」…おるがんをお弾きなさい女のひとよ

萩原朔太郎の「黒い風琴」という詩を紹介いたします。風琴とはオルガンのことです。 黒い風琴 おるがんをお弾きなさい...
中原中也

中原中也の詩「汚れつちまつた悲しみに」の感想

中原中也の「汚れつちまつた悲しみに」は、有名な詩です。 誰もが口ずさめるような親しみやすさがあり、心のどこかで共感...
吉野弘

誠実でありたい…吉野弘の詩「雪の日に」

吉野弘さんの「雪の日に」という詩を紹介いたします。 この詩は合唱曲用に書き改められた歌詞も存在しますが、ここで取り...
高村光太郎

高村光太郎「樹下の二人」…詩集『智恵子抄』より

高村光太郎と智恵子は大恋愛をして、大正3年12月に結婚します。その後二人は、どのように暮らしたのでしょう。 詩集『...
草野心平

草野心平「紅梅」…どうして紅の花が咲き匂うのか

草野心平さんは、蛙や富士山について書かれた詩が多いため、「蛙の詩人」「富士山の詩人」と思われがちですが、一言で括れないく...
山村暮鳥

山村暮鳥「雪」…天からふってきた雪だもの

山村暮鳥の詩は、明るくあっけらかんとしている詩が多いです。(晩年の詩は特に) それなのに、読んでいるときゅっと心を...
タイトルとURLをコピーしました