金子みすゞの雪の詩…「積もった雪」「淡雪」「雪に」

金子みすゞさんの、雪にまつわる詩を三編紹介します。

みすゞさんが生まれ育った山口県の仙崎は、冬は比較的暖かく、あまり雪は降りません。そのせいか、みすゞさんが雪をうたった歌はめずらしいです。

滅多に見られない雪に、みすゞさんはどのような想いを託しているでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

積もった雪

積もった雪

上の雪
さむかろな。
つめたい月がさしていて。

下の雪
重かろな。
何百人ものせていて。

中の雪
さみしかろな。
空も地面じべたもみえないで。

みすゞさんの手にかかると、生きてはいない雪さえも、まるで友達のよう。

上の雪には「さむかろな」、下の雪は「重かろな」と呼びかけて、労わっています。

何といってもハッとさせられるのが、中の雪に「さみしかろな」と話しかけていること。

上の雪や下の雪のつらさには、気づく人も多いでしょうけれど、中の雪のさみしさには、誰もが気づけないものです。だからますます、中の雪は孤独でしょう。

中の雪にも温かな言葉をかけているところに、こちらも救われる思いです。

淡雪

淡雪

雪がふる、
雪がふる。

落ちては消えて
どろどろな、
ぬかるみになりに
雪がふる。

兄から、姉から、
おととにいもと、
あとから、あとから
雪がふる。

おもしろそうに
舞いながら、
ぬかるみになりに
雪がふる。

「兄から、姉から、おととにいもと」…というのは、雪の兄弟姉妹たちのことでしょうか。

大家族でおもしろそうに舞うのは楽しい光景に見えますが、最後はぬかるみに落ちて消えようとしているのですね。

雪の兄弟姉妹たちは、自分がぬかるみになるのを知っているのでしょうか。それとも知らないのでしょうか。そして、雪にとってぬかるみになるのは、幸せな結末なのでしょうか。

そういう風に思いをめぐらせると、何ともいえない切なさを感じます。

雪に

雪に

海にふる雪は、海になる。
街にふる雪は、泥になる。
山にふる雪は、雪でいる。

空にまだいる雪、
どォれがお好き。

空にいる雪は、降る場所を選べるのでしょうか?選べないのでしょうか?

この詩を読むと、そんな疑問が浮かび上がります。

海に生まれ変われる雪も幸せだし、山で雪のままでいる雪も幸せそう。

街で泥になる雪は、人間の靴にしみこんで旅に出るのでしょうか?それとも草木を育てる土になるのでしょうか?

何処にいても、その場で幸せに気づける人になりたいと、この詩を読むと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました