三好達治「乳母車」

三好達治の詩「乳母車」を初めて目にしたとき、その美しさに息を零しそうになりました。

三好達治の代表作であることはもちろん、日本を代表する抒情詩といっても過言ではないでしょう。

さっそく紹介いたしますね。

三好達治「乳母車」

乳母車

母よ――
淡くかなしきもののふるなり
紫陽花あぢさゐいろのもののふるなり
はてしなき並樹のかげを
そうそうと風のふくなり

時はたそがれ
母よ 私の乳母車を押せ
泣きぬれる夕陽にむかつて
※(「車+隣のつくり」、第3水準1-92-48)りんりんと私の乳母車を押せ

赤いふさある天鵞絨びろおどの帽子を
つめたきひたひにかむらせよ
旅いそぐ鳥の列にも
季節は空を渡るなり

淡くかなしきもののふる
紫陽花いろのもののふる道
母よ 私は知つてゐる
この道は遠く遠くはてしない道

※発表:1926(大正15)年。『測量船』所収。

詩の鑑賞と解説

「乳母車」には、母に対する切ない慕情があふれています。

三好達治は6歳から養子に出されますが、長男のため籍を移せず、結局は祖父母の元で11歳まで暮らした過去があります。

幼い日に得られなかった母の愛を切望して、この詩を書いたと考えられます。しかし、個人的な叙事詩にとどまらず、普遍的な抒情詩として昇華させたところに、この詩の魅力があります。

第一詩集『測量船』には、母への憧憬が描かれた作品として、「乳母車」と共に「郷愁」という散文詩があります。フランス文学に造詣が深い、三好達治らしい作品です。

以下、引用いたしますね。

郷愁

「海、遠い海よ! と私は紙にしたためる。――海よ、僕らの使ふ文字では、お前の中に母がゐる。そして母よ、仏蘭西人の言葉では、あなたの中に海がある。」

(部分)

なお、「乳母車」「郷愁」ともに、高校の国語の教科書に採用されたことがあります。

詩の解釈例

「乳母車」を連ごとに分けて読み解いてみましょう。詩を読むときの参考にしてくださいね。

第一連と第四連は現在、第二連と第三連は過去の情景と考えられます。

第一連

「母よ――」と呼びかけて、一気に読者を詩世界へと誘います。心をとらえて離さない冒頭。この第一連だけで、詩世界は完結しているのではないかとさえ思います。

淡くかなしきもののふるなり/紫陽花あぢさゐいろのもののふるなり

この二行は同じものを意味しています。母に対する淡く、心を滲ませるような記憶が、この二行に重なるようです。

「はてしなき並樹」は、第四連の「道」に繋がっているように見られます。

第二連

「たそがれ」とは、人の顔の見分けがつかなくなるような夕暮時。

「私」は母に向かって、乳母車を押すように願います。「押せ」とあえて短く命令形で乞うことで、言葉の切り口から思いがほとばしるようです。

※(「車+隣のつくり」、第3水準1-92-48)々」は、車が軋りゆく様子のこと。

「泣きぬれる夕陽」は、夕陽が瞳をぬらしているようにも、過去をふり返る現在の「私」が涙を流しているようにも受け取れます。

第三連

目に鮮やかな「赤」は視覚に、温かそうな「総ある天鵞絨」は触覚に訴えます。「つめたき額」と対比しているのが効果的です。

「旅いそぐ鳥の列」は、渡り鳥のことでしょうか。鳥にも帰る場所があり、群れをなす仲間がありますが、母からはぐれて孤独である「私」と対照的です。

第四連

第一連の主題に再び戻ります。第一連と比べると、より遠くから情景を眺めているようです。

「この道は遠く遠くはてしない道」は、「私」のその後の人生のようにも、止めどない母への思いのようにも感じられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました