山のあなたの空遠く…カール・ブッセの詩を、上田敏の名訳で。

「山のあなた」という詩を紹介します。

ドイツの詩人である、カール・ブッセ(1872-1918)による作品です。

日本では上田敏(1874-1916)が翻訳したことで有名で、訳詩集『海潮音』に収録されています。

山のあなた(詩:カール・ブッセ/訳:上田敏)

山のあなた

山のあなたの空遠く
さいはひ」住むと人のいふ。
ああ、われひとゝめゆきて、
涙さしぐみ、かへりきぬ。
山のあなたになほ遠く
さいはひ」住むと人のいふ。

詩の注釈と大意

文語(昔の書き言葉)で訳されているため、ちょっと意味が取りづらいところもあるかもしれませんが、言葉の響きが心地良いので、すっと読めてしまいますよね。

補足説明すると、めゆきて」は「探しに行く」「涙さしぐみ」は「涙ぐみ」という意味です。

詩の大意は、以下の通り。

山の向こうに幸せが住んでいると言うから
人と探しに言ったものの見つからず
涙ぐんで帰ってきてしまった。
それでもなお、山のもっと向こうに
幸せが住んでいると人は言う…

まるでメーテルリンクの「青い鳥」を思わせる内容ですね。

チルチルとミチルも、幸せの青い鳥を探しに、遠くへ旅に出ます。

詩の鑑賞と解説

「幸」は私たちと同じ?

ところで「山のあなた」は、「かなた」でなく「あなた」と訳したところが、重要な鍵だと思います。

「幸住む」と訳しているのもいいです。

そうすることで、「幸」というものが「あなた」という人格を持って、本当に住んでいるような思いにかられるからです。

つまりは、擬人法ということですね。

幸せがもし、私たちと同じような顔や手足があり、生活をしているとしたら、とても会いに行きたくなってしまいますよね。

私だったら、どれだけかっこいいい人なのか、想像をふくらませてしまいます(笑)

幸せというのが、抽象的な空気のように書かれていたら、わざわざ尋ねに行こうとはしないと思うんですね。

「あなた」と言うことで、そこに恋しさや憧れがつのってきます。

信じる心に本当の幸せがある

「山のあなた」の主人公は、涙ぐんでもなお、さらに山を越えて行ったのでしょうか。

「人にそそのかされて、幸せを探しに行っても見つかなかったから、もうどこにも行きたくない…」という風に、この詩の最後を解釈するのも可能です。

「灯台下暗し」「隣の芝生は青く見える」という言葉もあります。

自分の足元が見えないで、人の言動や理想像に振り回されることは誰にでもあるので、その愚かさと哀しさを風刺する詩とも取れるでしょう。

でも、それだけで終わるのでは、あまりにも寂しいですよね。

この詩の主人公は、「幸」に憧れて探しに行きました。その信じる心にこそ、本当の幸せがあるのではないでしょうか。

山のあなたの空遠くに、見えないものを見ようとするには、とてつもないエネルギーが要ります。そこに向かって動いていくのは、なおさらです。

信じる心は、世界を広く輝かせて見せるような力があります。

チルチルとミチルは、最も身近なところで青い鳥を見つけました。

幸せはまさに、自分の心のなかにあるのかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました