朝に関する詩のまとめ

朝に関する詩を紹介している記事をまとめました。

朝は一日のはじまり。爽やかな朝、気怠い朝…さまざまな詩を揃えましたので、どうぞお楽しみくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝がテーマ・朝についての詩~6記事~

谷川俊太郎「朝のリレー」

カムチャツカの若者が きりんの夢を見ているとき…
この地球のどこかで、今も誰かが朝を受けとめています。

谷川俊太郎「朝のリレー」…CM・収録詩集・鑑賞のポイント
谷川俊太郎さんの「朝のリレー」は有名な詩です。 教科書で目にしたことがある人、CMで朗読されているのを耳にしたこと...

谷川俊太郎「朝の光」

朝の光は通り過ぎる あなたの柔らかい肌をかすめて…
朝は何回繰り返しても新しいまま。

谷川俊太郎「朝の光」…繰り返すものはどうしていつまでも新しい
谷川俊太郎さんの「朝の光」という詩を紹介いたします。 谷川さんの朝をテーマにした写真詩集「朝」(2004年)からの...

石垣りん「朝のパン」

毎朝 太陽が地平線から顔を出すように…
「いただきます」は、いのちをいただく大切な儀式。

私のいのちの燃える思い…石垣りんの詩「朝のパン」
石垣りんさんの「朝のパン」は、気持ちがほっこりとあたたかくなる詩です。さっそく引用しますね。 朝のパン 毎朝 ...

石垣りん「太陽のほとり」

太陽 天に掘られた 光の井戸…
新年の光が満ちあふれるような、清々しい詩。

石垣りん「太陽のほとり」
石垣りんさんの「太陽のほとり」という詩を紹介いたします。 新年の光が満ちあふれるような、清々しい詩です。 太陽の...

高村光太郎「あどけない話」

智恵子は東京に空が無いといふ、ほんとの空が見たいといふ…
桜若葉の間の空、うすもも色の朝のしめり…光太郎と智恵子の目にはどのように映ったか。

東京には空が無い…高村光太郎『智恵子抄』より「あどけない話」
私は高村光太郎の詩集『智恵子抄』をこよなく愛していますが、もしも「あどけない話」が収められていなかったら、これほど好きに...

中原中也「朝の歌」

天井に 朱きいろいで 戸の隙を 洩れ入る光…
うつくしい夢をうしない、悩ましい朝。

中原中也「朝の歌」…中也の詩の方針は?
中原中也の第一詩集『山羊の歌』より、「朝の歌」という詩を紹介いたします。 中也はこの詩によって「方針を立てた」と言...
「まとめ」について
  • 詩の出だしと、どのような朝が描かれているのか、簡単な説明文を加えました。詩を探すときの参考にしてください。
  • それぞれの記事は、ブログカード(画像入りのボタン)をクリックまたはタップすれば、ご覧いただくことができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました