高村光太郎

高村光太郎「樹下の二人」…詩集『智恵子抄』より

高村光太郎と智恵子は大恋愛をして、大正3年12月に結婚します。その後二人は、どのように暮らしたのでしょう。 詩集『...
谷川俊太郎

谷川俊太郎「朝のリレー」…CM・収録詩集・鑑賞のポイント

谷川俊太郎さんの「朝のリレー」は有名な詩です。 教科書で目にしたことがある人、CMで朗読されているのを耳にしたこと...
草野心平

草野心平「紅梅」…どうして紅の花が咲き匂うのか

草野心平さんは、蛙や富士山について書かれた詩が多いため、「蛙の詩人」「富士山の詩人」と思われがちですが、一言で括れないく...
石垣りん

石垣りん「太陽のほとり」

石垣りんさんの「太陽のほとり」という詩を紹介いたします。 新年の光が満ちあふれるような、清々しい詩です。 太陽の...
室生犀星

室生犀星「きょうという日」

室生犀星の「きょうという日」という詩を紹介いたします。 ふつうの何気ない日はもちろん、誕生日の前や大晦日の夜など、...
山村暮鳥

山村暮鳥「雪」…天からふってきた雪だもの

山村暮鳥の詩は、明るくあっけらかんとしている詩が多いです。(晩年の詩は特に) それなのに、読んでいるときゅっと心を...
三好達治

三好達治「雪」…太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪ふりつむ。

三好達治の「雪」の詩をご存知の方は、多いのではないでしょうか。 教科書にも載せられていますし、どこかで目にしたこと...
八木重吉

八木重吉「素朴な琴」…この明るさのなかへひとつの素朴な琴をおけば

八木重吉は29年の短い生涯のなかで、3000編近い詩を残しました。 どの詩も野原の草花のように美しいですが、たった...
草野心平

草野心平「秋の夜の会話」

秋から冬にかけて、肌寒くなり、土には枯葉が散り、虫の音が薄れていくと、季節は死に向かっていると感じることがあります。 ...
新川和江

新川和江の詩「わたしを束ねないで」

新川和江さんの代表作「わたしを束ねないで」を紹介します。 詩というものは不思議なもので、一読しただけで心が解放され...
タイトルとURLをコピーしました