中原中也

中原中也「朝の歌」…中也の詩の方針は?

中原中也の第一詩集『山羊の歌』より、「朝の歌」という詩を紹介いたします。 中也はこの詩によって「方針を立てた」と言...
萩原朔太郎

萩原朔太郎「黒い風琴」…おるがんをお弾きなさい女のひとよ

萩原朔太郎の「黒い風琴」という詩を紹介いたします。風琴とはオルガンのことです。 黒い風琴 おるがんをお弾きなさい...
高村光太郎

高村光太郎「レモン哀歌」の背景と解説…詩集『智恵子抄』より

高村光太郎の詩集『智恵子抄』がこの世に誕生していなければ、日本の詩の歴史は今とかなり違う歩みをしていたでしょう。なかでも...
まとめ

有名な詩・おすすめの詩一覧…心に響く。感動することば。

有名な詩のなかでも、親しみやすく、心からおすすめしたい詩を選んでまとめました。 あなたにとってお気に入りの詩が見つ...
中原中也

中原中也の詩「汚れつちまつた悲しみに」の感想

中原中也の「汚れつちまつた悲しみに」は、有名な詩です。 誰もが口ずさめるような親しみやすさがあり、心のどこかで共感...
寺山修司

寺山修司の宝石の詩「ダイヤモンド」…淋の字から見えるのは?

寺山修司の少女詩集(角川文庫)には、宝石の名を冠した詩や、宝石が出てくる詩が、数多く載せられています。 今回はその...
石垣りん

私のいのちの燃える思い…石垣りんの詩「朝のパン」

石垣りんさんの「朝のパン」は、気持ちがほっこりとあたたかくなる詩です。さっそく引用しますね。 朝のパン 毎朝 ...
八木重吉

太陽をひとつふところへいれていたい…八木重吉の詩「太陽」

八木重吉の「太陽」という詩を紹介いたします。全文引用しますね。 太陽 太陽をひとつふところへいれていたい ての...
吉野弘

誠実でありたい…吉野弘の詩「雪の日に」

吉野弘さんの「雪の日に」という詩を紹介いたします。 この詩は合唱曲用に書き改められた歌詞も存在しますが、ここで取り...
高村光太郎

高村光太郎「樹下の二人」…詩集『智恵子抄』より

高村光太郎と智恵子は大恋愛をして、大正3年12月に結婚します。その後二人は、どのように暮らしたのでしょう。 詩集『...
タイトルとURLをコピーしました