茨木のり子「急がなくては」…詩集『歳月』より

茨木のり子さんが、先立たれた夫への想いを綴られた詩集『歳月』

当ブログでは、この詩集から4つの詩を紹介する予定です。

2回目の今日は、「急がなくては」についてです。

※前回の記事はこちら⇒茨木のり子「一人のひと」…詩集『歳月』より

スポンサーリンク
スポンサーリンク

茨木のり子「急がなくては」

急がなくては

急がなくてはなりません
静かに
急がなくてはなりません
感情を整えて
あなたのもとへ
急がなくてはなりません
あなたのかたわらで眠ること
ふたたび目覚めない眠りを眠ること
それがわたくしたちの成就です
辿る目的地のある ありがたさ
ゆっくりと
急いでいます

詩の鑑賞と解説

ゆっくりと急いでいます

茨木のり子さんは49歳のときに、夫の安信さんを亡くされます。

それから31年間、ずっと一人暮らしを続けていました。

「ゆっくりと急いでいます」

遠くへ旅立っていった夫への想いを、これほど的確に表現した言葉は、そうそうないのではないかと思います。

夫の後を追って、心を逸らせながら、着実に歩みを進めているのが感じられます。

「急ぐ」という言葉からは程よい緊張感が、「ゆっくり」という言葉からは丁寧さが伝わってきます。

「程よい緊張感と丁寧さ」。これらは茨木のり子さんの、生きる姿勢だったのではないでしょうか。

わたくしたちの成就

あなたのかたわらで眠ること
ふたたび目覚めない眠りを眠ること
それがわたくしたちの成就です

茨木のり子さんは夜ごと独り寝するたびに、どれほど寂しかったことでしょう。

夫のかたわらで永遠に眠りたいと、何度も願ったに違いないです。

片割れが亡くなられてもなお、お二人の物語は続いていたのですね。

茨木のり子さんは、わたくしたちの成就に向かって、天寿を全うされました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました