新川和江「ふゆのさくら」

冬に咲く桜があることを、ご存知でしょうか。

冬桜は10月から翌1月にかけて咲く桜で、一般的な春の桜よりも花が小ぶりです。ところが、寒空にいじらしくも凛と咲く姿は、潔さを感じるほどです。

今回はそんな、静かな強さを秘めた詩を紹介します。

新川和江さんの「ふゆのさくら」です。

新川和江「ふゆのさくら」

ふゆのさくら

おとことおんなが
われなべにとじぶたしきにむすばれて
つぎのひからはやぬかみそくさく
なっていくのはいやなのです
あなたがしゅろうのかねであるなら
わたくしはそのひびきでありたい
あなたがうたのひとふしであるなら
わたくしはそのついくでありたい
あなたがいっこのれもんであるなら
わたくしはかがみのなかのれもん
そのようにあなたとしずかにむかいあいたい
たましいのせかいでは
わたくしもあなたもえいえんのわらべで
そうしたおままごともゆるされてあるでしょう
しめったふとんのにおいのする
まぶたのようにおもたくひさしのたれさがる
ひとつやねのしたにすめないからといって
なにをかなしむひつようがありましょう
ごらんなさいだいりびなのように
わたくしたちがならんですわったござのうえ
そこだけあかるくくれなずんで
たえまなくさくらのはなびらがちりかかる

詩の鑑賞と解説

すべてひらがなで書かれた詩。

まるで桜吹雪が散っていくのを見ているかのようです。

一字、一字、掬い取っていくと、この詩が男女の対の関係について詠っているのがわかります

鐘楼の鐘⇒その響き
歌の一節⇒その対句
一個のレモン⇒鏡のなかのレモン

ここで見られる関係は、打てば響くような、いい意味での緊張感と安らぎがあります。

逃げというよりも潔さ

この詩の男女は、事情があって共に暮らせないのか、あえて別々に暮らしているのかもしれません。もしかしたら三角関係のように、世間的には許されない間柄かもしれないです。

ただ、家とか世間といったしがらみを飛び越えて、魂の世界で繋がっていたいと希求しているようですね。

それは逃げというよりも、むしろ潔さです。

お互いが精神的に自立して、覚悟を決めていなければ、あり得ない関係でしょう。

たくさんの苦しみをへて冴えわたる

詩人の茨木のり子さんは、「ふゆのさくら」の男女の関係について、次のように述べています。

こういう境地に達するには、たくさんの苦しみをへたのかもしれず、それは底に沈めたまま、冴えわたっています。

引用元:詩のこころを読む

これには私も同感です。

桜があんなに美しく見えるのは、厳しい冬を乗り越えて咲くからです。あえて冬を選んで咲く桜なら、その美しさはなおさらです。

だからでしょうか。

詩の終わりで、二人が座った質素な茣蓙の上だけが、明るく暮れなずみ、たえまなく花びらが散りかかるのを、天からの祝福のように感じるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました